柳楽優弥が太ってた過去。その経緯と、奇跡の復活劇をしらべてみた。

柳楽優弥
Pocket

柳楽優弥さんといえば、インパクトの強い目が印象的な、才能あふれるイケメン&個性的な俳優。

そんな彼にも太ってた頃がありました。

カンヌ映画祭で日本人初、史上最年少で主演男優賞を受賞した柳楽優弥さんの、その後の苦悩と復活の物語を詳しく見ていきたいと思います。

yagira出典:Instagram

 

スポンサーリンク


1. 柳楽優弥のプロフィール

yagira出典:Instagram

生年月日:1990326日(2021年に31歳)
出身地:東京都
血液型:A
身長:174cm
特技:武道、乗馬、サッカー
所属事務所:スターダストプロモーション

「誰も知らない」が彼の初オーディション。

でも柳楽優弥は、もともと長瀬智也に憧れて、ジャニーズ志望だったそう。

2020916日の「TOKIOカケル」で出演したときに話していました。

しかし合格通知が1年後に来たらしく、そのときには映画「誰も知らない」の撮影が始まっていたのだそうです。

2. 太ってたのはいつ?

柳楽優弥は、2007年9月の主演映画「包帯クラブ」以降、しばらく映画もドラマの仕事もない状態でした

彼は14歳のカンヌ映画祭以降、それまでも2本の主演映画に出演しています。

yagira出典:Twitter

  • 誰も知らない(2004年8月7日、シネカノン) – 主演・福島明 役
  • 星になった少年 Shining Boy & Little Randy(2005年7月16日、東宝) – 主演・小川哲夢 役
  • シュガー&スパイス 風味絶佳(2006年9月16日、東宝) – 主演・山下志郎 役
  • 包帯クラブ(2007年9月15日、東映) – 主演・ディノ(井出埜辰耶) 役

包帯クラブ

天童荒太の同名小説を映画化した『包帯クラブ』を主演。これまでの少しおとなしい少年のイメージを変えるはじけたキャラクターで、“新境地を開いた”と評されました。

柳楽優弥出典:cinemacafe

しかし一方では、「誰も知らない」以降の映画は、思ったほどのヒットにはならなかったともいわれます。本人にも焦りがあったようです。スタッフとうまくいかなかったり監督の指示に従わなかったりということがあったと、ある映画関係者は取材に答えています。

主演男優賞受賞という重すぎるプレッシャーや自身への苛立ちのためか、2008年に入ってから体調を崩していました。

病院に搬送されてスポーツ紙の一面に

2008年8月29日、18歳のとき、彼が救急車で病院に搬送され、自殺未遂かと騒がれます。

一部では錠剤100錠飲んだと報じられました。

ご本人の公式サイトで、自宅で親と口論になり処方されている安定剤を衝動的に多めに飲んでしまい、心配になって自ら救急車を呼んでもらったとのこと。疑惑を否定しています。そして、その日のうちに退院しています。

ある雑誌では、付き合っている女性との交際を家族に反対され、口論になったと報じています。つまり嫁の豊田エリーさんのことですね。

しかしご本人は騒動のあとのインタビューで、家族とは仲がいいと話しています。

すごく信頼し合っているので、家族とはよく言い合いをしますね。めちゃめちゃ仲が良いんで、普段からよくしゃべりますね。わが家はすごくポジティブなので、騒動についてもいい宣伝になったじゃん、ぐらいですよ(笑)
出典:シネマトゥデイ

やはり、日々の蓄積されたストレスが大きかったのではないでしょうか。

2008年には太ってた?

こちらは、ニュースで騒がれた後、2008年12月に小説「止まない雨」を出版したときの写真です。

柳楽優弥出典:シネマトゥデイ

精悍といえなくもないですが、前年の「包帯クラブ」のスリムな少年らしさや特徴的な目の鋭さがありません

それでもなんとか頑張ろう、もがこうと、前を向こうとされていたんでしょう。

2009年から激太り

そしてこれは19歳、2009年6月13日の『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYLINTH』の会見当時の柳楽優弥。

記者から激太りを指摘され、素直に「食べ過ぎです」と認めています。

事務所からも各方面からも怒られていたそう。

柳楽優弥1出典:Drama&Movie

豊田エリーと婚約したのが2009年冬頃とすると、別れたのはその半年前の2009年初夏の頃。

2008年の騒動の前から、ずっと不安やプレッシャーを抱えていて、食べ過ぎて、2009年に豊田エリーと別れて、またそれが尾を引いて食べて…。この時期は、そんな悪循環が続いていたのだと思います。

なんか、弟に似ていて親近感がわくような…??

3. 結婚後も、かなり太ってた

18歳の騒動以降、仕事は減る一方に。2010年1月に結婚、10月に第1子女児が誕生した後も、事情は良くなりませんでした。

こちらの映画「すべては海になる」の主演をされていますが、これがちょうど2010年1月に公開されました。なかなか評判のいい映画ですが、太めです。

yagira出典:Twitter

ヒモ夫?

俳優としての行き詰まりを感じた柳楽裕弥がアルバイトを始めるなど、結婚後も苦しい時期が続いたようです。嫁の方が活躍していることから、『ヒモ夫』『結婚を早まった』と心ない声もあがっていました。

洗車や居酒屋のアルバイト

柳楽優弥が20歳頃(2010−2011年頃)の話だったと、本人がインタビューで答えています。

カーディーラーの裏で洗車のアルバイトを数ヶ月やったり、居酒屋のバイトで客に絡まれて悔しい思いをしたのだそうです。カーディーラーのアルバイトの面接では「柳楽君だよね?ふざけてるの?」と言われたそう。でもその上司は、採用後は一般人と同じように厳しく接したのだとか。

これらが役者としていい経験になったと、後に彼は語っています。

ちなみに、洗車のアルバイトでは今より20kgくらい太ってたので、誰も気づかなかったようです。

このアルバイトの件は、下積みを経験したいと、事務所に許可を得た上でのことではありました。

嫁と娘に支えながら、ストレスに押しつぶされそうになりながら、ひたむきに出口を探そうとする強さがうかがえます。

それにしても、よく顔出しの居酒屋バイトを選びましたね…。

4. 手痛い言葉で復活を決意

ピークのときはなんと、82kgまで太ってたといいます。

しかしその後、バナナダイエットで25kgの減量に成功。見事に激太りから復活しました。

痩せたきっかけは、2012年に亡くなった歌舞伎俳優・18代目中村勘三郎の言葉でした。

2017年7月3日放送の『深イイしゃべくり合体SP』で語っています。

「君は見栄えが悪いから、俳優辞めなさい。」

そこで目が覚め、柳楽優弥はダイエットを決意したそうです。

嫁の豊田エリーは、そんな柳楽優弥をずっと支え続けました。

ちなみに二人は初対面だったそうです💦

柳楽優弥の嫁は豊田エリー。高校から想い合った一途な恋!経緯をまとめてみた

 

舞台・海辺のカフカの主演に抜擢

そして、2012年5月、あの巨匠、故・蜷川幸雄氏の強い希望により、舞台「海辺のカフカ」の主演に抜擢されます

柳楽優弥出典:com works

この頃には、柳楽優弥の美貌が戻っています。

多くの俳優を見てきた蜷川氏は、14歳で賞を取った柳楽優弥のその後の困難な道を予想していたのです。

そして栄光と挫折を味わった彼の人生を思い、この役に挑戦し成功して、困難を乗り越える助けにしてほしいと願っていました。

そこから、柳楽優弥の今日にいたるまでの快進撃が始まるわけです

yagira出典:Instagram

スポンサーリンク


5. その後の活躍

2013年以降、しばらく年1回のペースで映画の主演をされていました。また、数々のドラマに出演し、脇役としてもとても個性的な役を演じきるなど、圧倒的な存在感を放っています。

yagira出典:Instagram

海辺のカフカ出演後の、主演映画

yagira
出典:Instagram

2013年9月の渡辺謙主演の映画「許されざる者」にも出演。

主役を食うほどの存在感だと騒がれ出したのも2013年以降。朝ドラ「まれ」にも出演されて話題を呼びましたね。

ゆるせない、逢いたい 2013年11月
最後の命 2014年11月
合葬 2015年9月
ディストラクション・ベイビーズ 2016年5月
夜明け 2019年1月
ターコイズの空の下で 2021年2月
HOKUSAI 2021年5月
浅草キッド 2021年冬
出典:WIKI

また、主演ではありませんが、2017年7月、「銀魂」の土方十四郎を演じた柳楽優弥、すごく魅力的でかっこよかったですね。

yagira出典:instagram

6. まとめ

14歳の頃の柳楽優弥さんは、力強い、切れ長の目が印象的な美少年でした。

しかしキラリと光るところはありつつも、演じなくてもいい最適な役をもらったためだと、意地悪な目で見ていた部分もあります。

2作目の映画「星になった少年 Shining Boy & Little Randy」を見に行ったとき、正直がっかりしました。きっとカンヌ映画祭主演男優賞のせいでハードルを上げて見ていたからでしょうね。そして、「ああ、この子はこの先消えていくだろうな」って生意気にも思いました。その後、彼の姿を見ることはなくなりました。

yagira出典: Instagram

でも、2016年、ドラマ「ゆとりですがなにか?」で、彼はまりぶとして再び私の前に戻ってきました。

超絶、魅力的な俳優になって。

一話一話がおもしろく、引き込まれ、衝撃を受けました。あの、クールで目力の強い、でも何か足りなかった少年が、こんな破天荒で骨太、いい加減で面白く魅力的な男も演じられるようになったのか、と。それ以前に、いろんな映画やドラマで大活躍してきたことを知りました。

柳楽優弥は、唯一無二の存在になっていました。

その背景には、柳楽優弥さんのひたむきさと真面目さ、結婚してからの自覚と嫁・豊田エリーの支えがあったことは言うまでもありません。そして辛口ではあるけれど故・中村勘三郎さんの言葉と、偉大な故・蜷川幸雄氏の存在は大きかったでしょう。

また、「許されざる者」で共演した渡辺謙や柄本明に叱咤激励され、しごかれて幸せだったと彼は2013年の雑誌のインタビューで語っています。諸先輩方の愛も大きいですね。柳楽優弥にも、それを受け取る素直さがあったのでしょう。

yagira出典: Instagram

これめちゃ好き↑

yagira出典: Instagram

2021年2月、主演映画『ターコイズの空の下で』が公開されました!

ドイツで開催されたマンハイム・ハイデルベルク国際映画祭で二冠に輝き、海外の映画祭で高く評価されています。

Follow me!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)